顔産毛脱毛

顔の産毛を脱毛したい!できる?できない?

光脱毛とレーザー脱毛の仕組み

光脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、原理は基本的に同じです。どちらも黒い色素に反応し、それを死滅させることによって、脱毛を可能にします。「黒い色」にしか反応しないため、肌にダメージがいかず、金属アレルギーのひとでも使える処理方法なのです。レーザー脱毛はその威力ゆえ医療機関でしか使われていませんが、光脱毛の数倍の効果があります。対して光脱毛は、レーザー脱毛より威力が弱く、資格者でなくても施術ができます。痛みが少ないのが特徴です。しかしこのような作用のため、一つの疑問が生まれます。「産毛」には効果があるのでしょうか?

 

顔の脱毛を考える

光脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、毛の周期によって数回通わなければいけないのは、一重に「毛が育ち、レーザー(光)が黒い色素だと認識しなければ効果がない」からです。でもこの理屈で言うと、顔の産毛のような薄いところには効かないはずです。しかしながら、現在は技術革新のお陰で、この「顔の産毛」にも働きかけることのできるレーザー機器も開発されてきています。エステの光脱毛でも可能ではありますし、痛みを考えればこちらの方がよいでしょう。しかし「顔」という非常に重要度の高い場所に照射するのですから、こればかりはクリニックを選ぶことをオススメします。エステの場合、「昨日入社した」という人が照射しても、法律上は何の問題もないからです。

 

お手軽!勧誘なしで安心♪優良脱毛サロンならエピレ